今日も送別会


この日は同期入社の仲間による送別会でした。
毎日お酒を飲むというのは私にとっては極めて珍しいことです。

勝手に行われた人事運用の変更に困惑しているのは、誰しも同じですし、私は飛び出してしまったが彼らはひとまずしなかったという違いしかないですが、麗しい終わりにしたほうがいいと思い、あまりこれまでの経緯は話しませんでした。
そのせいで話題に困る気がかなりありました。

会社に入る前から思っていたことですが、やたらと強調して言われていたり大きく取り上げられていることほど、実際は逆であったりうそであったりします。
この会社に入ってからそれをいっそう痛感しましたが、うすうすそのことを感じつつも一旦入ってしまった会社と付き合いを続けないといけないというのは苦役ですね。
職場の人と同じく同期の仲間もいい人が多く、そういう人ほどしわ寄せを受ける傾向があるので、残念な気持ちでいっぱいです。

理想的な会社なんてありはしないのでしょうが、別に相対的に比べてましであればよいというものでもないと思います。
生き甲斐とか働き甲斐がなければ、将来に希望が持てないのは当たり前で、少子化にもなるでしょうし、消費なんか活性化しようがないでしょう。
景気がどん底だったころ、日本システムは人を幸福にしないという言説がありました。
のどもと過ぎればなんとやらで今は全く見られませんが、生計はまあ立つけどどんよりした毎日というのでは、絶対的にみて幸福とはいえないと思うのですが。

ちなみに我が社の偉い人は他の会社に勤めたこともないくせに、他社と比べてはましだと主張することが多いですが、父の会社では絶対こんなことはしないということを特に人事に関して行っており、他の多くの自社観と同じく思い込みの類でしかないと思っています。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)