M&Aコンサルティング、東京スタイル筆頭株主から退く


日本で株主提案権を活用して企業統治の新しい動きを起こした草分けである村上世彰代表率いるM&Aコンサルティングが、最初の目標にしていた東京スタイルの保有株のほぼ半分を市場に放出して、実質的な筆頭株主でなくなっていたことが明らかになりました。記事はこちら

日本で委任状勧誘合戦を起こすなど、かなり革新的なことをしていましたが、従来型の持ち合い株主の同意が得られずに、提案はすべて否決されていただけに、撤退の感じもあります。
ただファンドとしては、株価が上がって運用益が出れば良い訳で、一連の騒動で東京スタイルにはかなりの注目が集まりましたから、実利としては十分かもしれません。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)