SEC、監査法人E&Yに営業停止6ヶ月の処分


アメリカの証券取引委員会(SEC)は、監査法人アーンスト・アンド・ヤング(E&Y)に対して、日本で言うなら営業停止6ヶ月に当たる処分を下しました。
記事はこちら(日経)。アメリカでの報道はこちら(NYTimes)。

問題とされたのは、E&Yがピープルソフトの監査法人であると同時に、ソフトウェア販売の業務契約を締結しており独立性に疑問があった点のようです。
日経の記事では、かなり簡略化して述べられていますが、NYTimesの記事を見ると若干わかりますが、実体は、複雑だったようです。
すなわちエンロンの時と似たような話に見えるわけでそれが処分の理由ということのようです。

エンロン事件以降、アメリカではサーベインズ・オクスレー法で監査法人の独立性、言い換えれば監査法人が監査対象の会社に対して非監査業務を行うことを厳しくチェックするようになっています。
今回のケースもそういった厳格化によって処分されたものといえると思われます。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)