商事法務事情更新


今日は法律関係のエントリーを3件追加しました。

最高裁、組合員である助役でも不当労働行為の支配介入が成立すると判示
公取委、契約に特許非係争条項を盛り込んだ疑いで米通信技術大手クアルコムを調査
アメリカの内部統制規制が緩和される方向と報道される

相当な件数がたまっているため、どうしても以前の日付のところにならざるを得ないことが当面続きますので、左側の最新記事のところからたどっていただきますようお願いいたします。

後で書こうと思って取っておいた新聞が山積みになっています。
年内に何とかしたいのですが、そのためには大晦日に出勤してくれとか言うとんでもない依頼はぜひとも断らねばなりませんな。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)