住友信託、経営統合反故訴訟で25億円で和解へ


[関連したBlog]
三菱UFJの誕生で反故にされた住友信託と旧UFJ信託の経営統合ですが、住友信託が損害賠償を請求して訴訟になっていました。
第一審の東京地裁では住友信託が全面敗訴しましたが、控訴審の東京高裁で和解が勧告され、21日に東京高裁で和解が成立しました。
三菱東京が25億円を住友信託側に支払うという内容です。
住友信託が訴訟で請求していたのは、第一審では1000億円 控訴審では147億円だったのですが、結局25億円で落ち着くことになりました。
ゼロが25億円になったと思えば、すごい展開ですが、請求額に本当に根拠があるのだとしたら、147億円からアメリカの違約金算定式に則って算出したという分を引くと30億1500万円なので、信頼利益としてはそのくらいなのかもしれません。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)