自分を客観視できた日


今日は所用で上智大学に行ってきました。
とある大会の審査員をやるのでその説明会に行ったのですが、他の審査員の面々があまりに豪華なのでなんだか悪い気がしました。

仕事には貴賤はないとは言いますが、やはり仕事によって世界が違うというのはあるものだなと感じました。
やっていることの知的水準とか意義とかは私の仕事ははるかに劣る感じがしたのですが、金をもうけ経営として大丈夫かという点では安定しており不思議な感じがしました。

別に自分を卑下しているわけではないですが、泥臭い仕事をしているのだなと改めて感じました。
私自身は泥臭いのが好きなわけではありませんが、自分の会社のしている事業は好きなので何とかなっています。もっと知性を磨いて賢く動くべきだとは思っていますがね。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)