やはり民法は面白い


今日は少し良くなったので、いくらか机に向かいました。
テストとか具体的な目標を定めると法律も無味乾燥になってしまいますが、そういうのを度外視して、純粋に取り組むと非常に味わい深いものがあります。

何でもがつがつしていると「強いる」構造になるため、やるのがきつくなるのですが、テストとかがないとやる契機すらない人が大半でしょうから難しいものです。
テストに対しては真剣で誠実な日本人ですがだからこそ実質的な面では弱いわけです。

来週はそろそろ寒くなってきているのに研修で東北に行かねばなりません。
働かないですむのはありがたいですが、あまり意味のあることをしないので面倒なだけでもあります。
同期の間では非常に不満がたまっているようで、きな臭い雰囲気が充満しています。
やめるにやめられないので、表面的にはどうってことなくすすむでしょうし、人事も自信を深めるでしょうが、何かが明らかに違うなと日々感じています。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)