金融庁、レイクに一部業務停止命令


金融庁が、貸金業規制法違反の違法な取立て行為をしていたとして、GEコンシューマー・ファイナンスの大手消費者金融レイクに業務停止命令を出すことになりました。
電話をかける部署で5日間の業務停止だけと通常の貸付業務には影響しないものです。

*************************************************************************************************
「レイク」、一部業務停止命令へ・金融庁、違法取り立てで(日本経済新聞2006年10月20日)

金融庁は20日、米ゼネラル・エレクトリック(GE)系の消費者金融大手、GEコンシューマー・ファイナンスに対し、違法な取り立て行為があったとして一部業務の停止を命じる方針を固めた。同社の「ほのぼのレイク」の店舗で、借り手が拒んだにもかかわらず、勤務先に取り立ての電話をかけたため。
(略)
*************************************************************************************************
記事全文はこちら

何が違法な取立てなのかというと、貸金業規正法21条で取立て行為の規制が定められており、してはいけない取立て行為が列挙されています。

第21条(取立て行為の規制)
貸金業を営む者又は貸金業を営む者の貸付けの契約に基づく債権の取立てについて貸金業を営む者その他の者から委託を受けた者は、貸付けの契約に基づく債権の取立てをするに当たつて、人を威迫し又は次の各号に掲げる言動その他の人の私生活若しくは業務の平穏を害するような言動により、その者を困惑させてはならない。
一 正当な理由がないのに、社会通念に照らし不適当と認められる時間帯として内閣府令で定める時間帯に、債務者等に電話をかけ、若しくはファクシミリ装置を用いて送信し、又は債務者等の居宅を訪問すること。
二 正当な理由がないのに、債務者等の勤務先その他の居宅以外の場所に電話をかけ、電報を送達し、若しくはファクシミリ装置を用いて送信し、又は債務者等の勤務先その他の居宅以外の場所を訪問すること。
三 はり紙、立看板その他何らの方法をもつてするを問わず、債務者の借入れに関する事実その他債務者等の私生活に関する事実を債務者等以外の者に明らかにすること。
四 債務者等に対し、他の貸金業を営む者からの金銭の借入れその他これに類する方法により貸付けの契約に基づく債務の弁済資金を調達することをみだりに要求すること。
五 債務者等以外の者に対し、債務者等に代わつて債務を弁済することをみだりに要求すること。
六 債務者等が、貸付けの契約に基づく債権に係る債務の処理を弁護士若しくは弁護士法人若しくは司法書士若しくは司法書士法人(以下この号において「弁護士等」という。)に委託し、又はその処理のため必要な裁判所における民事事件に関する手続をとり、弁護士等又は裁判所から書面によりその旨の通知があつた場合において、正当な理由がないのに、債務者等に対し、電話をかけ、電報を送達し、若しくはファクシミリ装置を用いて送信し、又は訪問する方法により、当該債務を弁済することを要求し、これに対し債務者等から直接要求しないよう求められたにもかかわらず、更にこれらの方法で当該債務を弁済することを要求すること。
(2項略)

勤務先の電話も絶対かけてはいけないわけではなく、正当な理由があればやってもいいのですが、このケースでは相手が拒んだこともあり、正当理由なしという判断になった模様です。

もっとも「正当な理由」なんて書いてあっても実務的にははっきりしない基準では不安なので抑制的になるものです。サラ金の世界では全くそうではないようですが…。

この貸金業規正法の規制されている取立て行為ですが、よく見ると苛酷な取立てとして一時期話題になったものばかりです。ちゃんと立法では予想されて禁止されているのに、守られていなかったわけです。
エンフォースメントの大切さを感じるところです。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)