地ならし


最近、出張で会議に出かけることが多く、疲れます。
肉体的にも精神的にもですが。

明日もあるのですが、さすがに回避しました。

勝手に「ローマの休日事件」とか「シェーン事件」と名づけましたが、驚くべき判決が相次いでいます。
文言から行けば当たり前の解釈なのかもしれませんが、立法担当に匹敵するオーソリティーがそろってとっている解釈と全く逆の結論をああ堂々と出しているわけですから、これまでの法律界を知っている身としては驚きです。
まあ逆に言うと、あれだけ自信を持って出す以上、すでに素地はあるということでもあるのですが…。

法律の世界が本当に変わったことを改めて感じた一件です。
ただ、この判断は知財保護一辺倒のアメリカには驚かれているかもしれません。
余裕ができたら調べてみようかと思います。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)