濃いお話


私はあまりドラマは見ないほうなのですが、「結婚できない男」は面白かったです。
よくできたコメディーで楽しめました。

子供じみたところのある男性というのはいるもので、主人公・桑野の「理想にこだわる性質」というのは、ステレオタイプ化された濃い男を具現化しているのだと思います。

細かいところに凝るところなども非常によく分かる感じがしました。

ただ「こだわる」くらいなら人間性の問題ですみますが、「とらわれる」ようになると精神病理の域に入ります。
最近は、かなりあくの強い人が多くなり、個人主義にともなう人間性の際立ち方が進んできたともいえるかもしれませんが、一方ではサイコさんも着実に増えているのではないかと思います。
基本的に良いことである個人の確立と病理の類を混同しないようにしないといけませんね。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)