消費者契約法9条2項が問題に…


アコムが遅延損害金を29.2%取っていた件を取り上げようと思っているのですが、消費者契約法についてやったことがなかったので、まず文献を読み込むところからはじめる羽目になりました。
書くまでにもう少しかかりそうです。

有斐閣から出ている落合教授の「消費者契約法」がよさそうだと思って図書館を当たっているのですが、うちの近隣のでは置いていませんでした。
地元の図書館は私が法律図書をやたらと購入させて充実を図ったのですが、まだ抜け落ちていたようです。
東大法学部の図書室にはもちろんあるのですが、弟に頼むのもなんだし、困っています。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

One thought on “消費者契約法9条2項が問題に…

  1. はじめまして!さかのぼりますが2005年7月22日のブログ、”最高裁、「国際自由学園」の商標を他人の名称の著名な略称(自由学園)を含む商標と判断”を読ませていただきました。それに関連する最近の出来事について、Arakawaさんにお聞きしたいことがあります。簡単に申し上げると、学校名を平仮名に置き換えたり、漢字を変えても読み方が同じなら×なのか?あるいは学校名を改名せずに済むのか?ということです。メアドがわからなかったのでコメント欄に書かせてさせていただきました。突然申し訳ありません。よろしければお返事お待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)