地方公務員共済連、議決権行使の指針策定へ


日本でも機関投資家が「物言う株主」へと変貌する動きが相次いでいますが、今度は、地方公務員共済連が、議決権行使の指針を策定して、安定株主から積極的な議決権行使へと動きを変えることになりました。記事はこちら

コーポレートガバナンスのためにはよいことだと思いますが、物言う株主を黙らすために、企業側が、抱きこみにかかることも否定できません。機関投資家はお金を持っている側なので、何か提示をするということはありえ、そうなると議決権行使による経営監視はあまり期待できなくなります。

実は、かの有名なカルパースも、エンロンの不明朗な会計処理には一枚かんでいました。別にカルパースが違法行為をしていたわけではなく、エンロンがつくった隠れ蓑のパートナーシップに出資して、配当を受けていただけですが・・・。しかし、運用成績を上げたい機関投資家側にとって、正しい儲けであるかどうかはあまり関係なかったわけで、エンロンの会計の魔術に協力するかわりにお金をもらっていたわけです。

こういったことがあるなら、積極的な議決権行使が、コーポレートガバナンスに寄与するとは言い切れなくなります。機関投資家の規模は巨大であるために、それだけで力であり、企業側としては恐れるばかりでなく、取り込みを考えても不思議ではありません。
やはり決め手はないということでしょうか。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)