呆然


仕事で使う文房具をもらおうと思い、リストに丸をつけて出したのですが、ノートとリストにあるので、大学ノートをもらえるのかと期待して丸をつけたら、こともあろうに会社名と支社名の入った支社オリジナルノートが届けられました。
記念品でよくあるネーム入りノートの類とは違い、すべてがオリジナルです。

どうやら自前で作ったらしく、つくりがえらく粗雑で糊付けも粗くいずれはばらけそうというとんでもない代物でした。
絶対にコクヨのノートを買ったほうが同じ値段でいいものが来るだろうと思いました。

投資にはものすごくけち臭いのに、こういったところで平気で無駄をするのはどういった見識なのでしょうか。
リサイクル品を積極的に買っているなら納得もできますが、別にリサイクルマークもついていないしオリジナルノート作成の経緯は謎に包まれています。

すべての支社でオリジナルノートがあるのだろうと少し怖くなりました。
多分財政が豊かな東京支社だからだと信じます。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)