王子製紙 北越製紙の株主名簿閲覧を請求するも拒否される 仮処分検討へ


株式会社は会社法121条より株主名簿の作成と備置が義務付けられています。
このなかには株主の氏名と住所が含まれています。

第121条(株主名簿)
株式会社は、株主名簿を作成し、これに次に掲げる事項(以下「株主名簿記載事項」という。)を記載し、又は記録しなければならない。
一 株主の氏名又は名称及び住所
二 前号の株主の有する株式の数(種類株式発行会社にあっては、株式の種類及び種類ごとの数)
三 第一号の株主が株式を取得した日
四 株式会社が株券発行会社である場合には、第二号の株式(株券が発行されているものに限る。)に係る株券の番号

この株主名簿は、株主であれば閲覧を請求できます。

第125条(株主名簿の備置き及び閲覧等)
株式会社は、株主名簿をその本店(株主名簿管理人がある場合にあっては、その営業所)に備え置かなければならない。
2 株主及び債権者は、株式会社の営業時間内は、いつでも、次に掲げる請求をすることができる。この場合においては、当該請求の理由を明らかにしてしなければならない。
一 株主名簿が書面をもって作成されているときは、当該書面の閲覧又は謄写の請求
二 株主名簿が電磁的記録をもって作成されているときは、当該電磁的記録に記録された事項を法務省令で定める方法により表示したものの閲覧又は謄写の請求
3 株式会社は、前項の請求があったときは、次のいずれかに該当する場合を除き、これを拒むことができない。
一 当該請求を行う株主又は債権者(以下この項において「請求者」という。)がその権利の確保又は行使に関する調査以外の目的で請求を行ったとき。
二 請求者が当該株式会社の業務の遂行を妨げ、又は株主の共同の利益を害する目的で請求を行ったとき。
三 請求者が当該株式会社の業務と実質的に競争関係にある事業を営み、又はこれに従事するものであるとき。
四 請求者が株主名簿の閲覧又は謄写によって知り得た事実を利益を得て第三者に通報するため請求を行ったとき。
五 請求者が、過去二年以内において、株主名簿の閲覧又は謄写によって知り得た事実を利益を得て第三者に通報したことがあるものであるとき。
4 株式会社の親会社社員は、その権利を行使するため必要があるときは、裁判所の許可を得て、当該株式会社の株主名簿について第二項各号に掲げる請求をすることができる。この場合においては、当該請求の理由を明らかにしてしなければならない。
5 前項の親会社社員について第三項各号のいずれかに規定する事由があるときは、裁判所は、前項の許可をすることができない。


北越製紙に対して公開買付中の王子製紙は、各株主への働きかけのため、自らも北越製紙の株主であることを利用して、株主名簿の閲覧を請求したものの拒否された模様です。
北越製紙は、125条3項に列挙されている閲覧に応じなくて良い場合のうち、3号にある閲覧請求者が競争相手である場合を根拠として拒否した模様です。

王子製紙はこれに対して仮処分を申請することを検討している模様です。
*************************************************************************************************
王子製紙、北越の株主名簿閲覧求める仮処分申請を検討(読売新聞2006年8月7日)

北越製紙に敵対的TOBをかけている王子製紙は7日、東京地裁に対して、北越の株主名簿の閲覧を求める仮処分申請を検討していることを明らかにした。

王子は7月31日付で北越に株主名簿の閲覧を請求したが、北越側は8月4日、これを拒否したという。会社法では、株主が実質的に競争関係にある事業を営む場合は閲覧を拒否できるとしており、北越の対応はこの規定に基づくとみられる。

(略)
*************************************************************************************************
記事全文はこちら

有価証券報告書から大株主が誰かはわかりますが、個人株主まではわかるはずもないので、少しでも買い集めたい王子製紙としては閲覧請求となったのでしょう。

北越と王子が本当に実質的に競争関係にあるかを争うことも無理ではないでしょうが、規定を見る限り、北越の拒否が認められるケースであるように思われます。

仮処分を検討とされていますが、閲覧させろというのに仮処分では、見たら本案をしなくて良いだけの利益が実現してしまうのでどうやるのでしょうか。
認められないのではないでしょうか。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)