連邦地裁、メリーランド州のウォルマート標的の医療費負担を課す法律を無効と判断


[関連したBlog]

メリーランド州でウォルマートを標的とした医療費負担を求める法律が成立(2006/01/12)でお伝えした事実上ウォルマートだけを標的として医療費負担を求める法律ですが、7月19日にメリーランド州の連邦地方裁判所でサマリージャッジメントが出され、無効とされました。
原告はウォルマートではなく、小売業の業界団体RILAですが、ウォルマート勝訴といってよいかと思われます。

理由とされたのは次の点です。
アメリカには連邦法で、Employee Retirement Income Security Act というのがあり、全米規模での医療保険と福祉制度の維持を謳っていますが、問題とされたメリーランド州法は、連邦法が対象とする労働者のうち一部に対してのみ恩恵がある制度に対してウォルマートの出費を増やすというもので、連邦法の精神と相容れないという点です。
要するに、州法よりも連邦法が優先されるということです。
この事件は、RILAの裁判籍と州際通商条項の二点から連邦裁判所に管轄が認められる事例でした。
州当局が連邦裁判所で争っているのはそういう事情によります。

メリーランド州は早速、21日に第4巡回区連邦控訴裁判所へと控訴しており、争いは当面続く模様です。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)