放置してしまった…


最近、アメリカの判例を取り上げることができていません。
非常にたまってしまっていますが、ここまでくるとどうにもならないので、たまった分は置いておいて、これから来る新しい事件を取り上げるしかないかと思います。

読みにくいイギリスの判例に比べるとアメリカの判例は単語も難しくなく、論理構造もすっきりしていて、かといって単純ではないという大変勉強になる素材です。
単語は割りとシンプルですが法律の場面では特殊な意味を持ってくるのでそこだけ厄介ですが、あとは英文を読む力がそのまま試されるので、論理的文章の読解にもいいかもしれません。

最近、いわゆる勉強をしているので計画表にそって、教科書を読み進めたりしています。するとどうしても試験範囲に入っていないことは計画表にのらないわけで、アメリカ判例を読もうという意欲的だけれども、直接試験範囲でないところはお留守になるわけです。
しかし、こういう試験の場面で合理主義的に過ぎるところが日本をだめにした精神的背景なので、抗おうとも思います。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)