NTTの退職者330名、NTT提起の企業年金減額を認めなった厚労省処分の取消訴訟に国側で補助参加


NTTが企業年金の給付引き下げをしようとして、多数の同意を取り付けた上で厚生労働省に申請したところ「経営悪化が認められない」として認められなかった件で、NTTは5月1日に東京地裁に行政訴訟を提起していますが、この訴訟に引き下げを不服とするNTTの退職者330名が補助参加の申立てをしたことが明らかになりました。
補助参加とは民事訴訟法42条の制度で、訴訟の当事者ではないものの訴訟の結果に利害関係を有する第三者が訴訟に参加するという制度です。
第42条(補助参加) 
訴訟の結果について利害関係を有する第三者は、当事者の一方を補助するため、その訴訟に参加することができる。
利害関係はもちろん法律上の利益でないといけませんが、財産上のものに限られるわけではなくかなり広汎に認められます。
この補助参加は行政事件訴訟法にも設けられています。
第22条(第三者の訴訟参加)
裁判所は、訴訟の結果により権利を害される第三者があるときは、当事者若しくはその第三者の申立てにより又は職権で、決定をもつて、その第三者を訴訟に参加させることができる。
2 裁判所は、前項の決定をするには、あらかじめ、当事者及び第三者の意見をきかなければならない。
3 第一項の申立てをした第三者は、その申立てを却下する決定に対して即時抗告をすることができる。
4 第一項の規定により訴訟に参加した第三者については、民事訴訟法第四十条第一項から第三項までの規定を準用する。
5 第一項の規定により第三者が参加の申立てをした場合には、民事訴訟法第四十五条第三項及び第四項の規定を準用する。
〔平八法一一〇第四項・五項改正〕
訴訟の結果で企業年金の額が変わるので権利を害されるという点は満たすように考えられます。
民事訴訟法では44条より当事者が補助参加に対して異議を申し立てることができますが、行政事件訴訟法はこの条文を引用しておらず、当事者は裁判所が補助参加を決定すると争うことはできません。その旨述べた判例もあります。
このためNTTとしては、22条2項より意見を述べることはできますが、争うことはできないわけです。
この点の違いは、行政処分の違法性を争っているため、当事者の主張立証に任せるよりも職権判断になじむ性格があるからでしょう。
この22条を使っての補助参加で判例として蓄積されているのは、ほとんどが労働関係事件でして中労委の処分を争っている訴訟ものです。よって退職者が会社側に敵対する形で補助参加するというのは極めて典型的にパターンです。
そういう意味ではこれはいわゆる労働事件となってしまっているといえましょう。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

3 thoughts on “NTTの退職者330名、NTT提起の企業年金減額を認めなった厚労省処分の取消訴訟に国側で補助参加

  1. 退職願いの書式・退職届けの書式

    「退職願いの書式」「退職届けの書式」「退職願いの書式」「退職届けの書式」について「退職願いの書式」「退職届けの書式」として、下記のものを参考にして頂ければ幸いです。「退職願いの書式」「退職届けの書式」のサンプル            ……

  2. 行政書士・宅建(宅地建物取引主任者)・税理士・司法書士・社会保険労務士について

    行政書士、宅建(宅地建物取引主任者)は数ある国家資格の中でも1,2を争う人気資格ですが、行政書士試験は、平成18年度に試験制度の変更が行われました。宅建(宅地建物取引主任者)試験も難易度が上がってきています。 その他にも、士業といわれる税理士、司法書士、社会保険労務士なども人気が高く、それぞれ税務、不動産登記、労働法務関係のスペシャリストとしての活躍が期待されます。 数年前から言われているように、サラリーマンも安泰とは言えない…

  3. 退職願い

    「退職願い」「退職願い」について退職が決まると、「退職願い」を提出します。ここからが、悩みどころ・・・。その前に、退職するのであれば企業や会社に退職のしたい旨を伝えましょう。だいたい、1~2ヶ月前、くらいですか?これは、企業・会社によってまちまち。企業・会社の規約を調べておきましょう。法律では、自己都合による退職は口頭によるものと「退職願い」「退職届け」の提出。いずれも有効で、退職の意思表示から14日後に契約解除。つまり、退職成立となる。と言う感じです。が、一般的には早めに伝……

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)