歴史の揺れ戻し


ろくろく寝ないまま徹夜勤務をすると極めて辛いことが改めて身にしみました。

帰宅後、寝ましたが、悪夢を見てしまい、えらく苦しみました。

ハリー・ポッターも後一作を残すのみになりましたが、ローマ人の物語も後一作まで来ています。
多分西ローマ帝国の滅亡で終わるのではないかと思います。
キリスト教化してからのローマ帝国はもはやローマ帝国ではないので、読んでいて非常にさびしい思いがしてしょうがないです。
繰り返して読む頻度も以前の最盛期を取り扱った巻の日ではありません。

そういう思いは、洋の東西を問わないようで、ゲームのローマトータルウォーの拡張パックであるバーバリアンインベージョンでは、キリスト教化したローマ帝国を選択して蛮族と戦いつつ帝国を維持するプレイができるのですが、この過程で帝国をキリスト教から多神教に戻すことが可能です。
大変な政治的危険を伴いますが…。

このゲームは一応キリスト教圏で開発されたのですがね。

私のローマ帝国の最大の敵は実は蛮族ではないという状況になり、紆余曲折を経て多神教が帝国に再度広まりつつあります。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)