金融庁 公取委より排除勧告を受けた三井住友銀行に行政処分


[関連したBlog]

公取委、融資先への金融商品販売で三井住友銀行を審査(2005/08/07)と
公取委、融資先への金融商品販売で三井住友銀行に排除勧告(2005/12/03)でお伝えしましたが、昨年、三井住友銀行は融資先へほとんど強制に近い形で金利スワップなどの購入をさせていたことで公正取引委員会から排除勧告を受けましたが、金融庁はこれを受けて4月27日に行政処分を下しました。

優越的地位濫用での金融庁の行政処分は初めてとされています。

記事はこちら

具体的な処分内容は、法人営業部の金融派生商品販売の半年間停止とされています。

個人的には、融資先の資金繰りの相談にのる中で金融派生商品の販売が最適という判断に至り、メインバンクであるという地位が金融派生商品販売市場に影響して競争が制限されたという話なのかなと思っていたのですが、そこまで行くわけではなくただの強要だったのでした。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)