アイフル事件の反響の大きさに驚くも…


徹夜明けで帰宅して驚いたのですが、直近のアクセスがものすごいです。

やはりアイフルの件なのですが、テレビで有名な会社の不祥事というと、注目を集めるということでしょう。

武富士やアイフルなどサラ金の各社は、露出を多くしてきましたから、有名な会社の不祥事なのではなくて、一物ある会社が自ら露出して有名になっていただけということですが、全く知らない会社ではないのは確かですので、興味を引かれるということでしょうか。

サラ金関係は弁護士の仕事の重要な部分を占めているとは思いますが、法的にどうかというと語弊がある表現ですがあまり面白くないのが実態です。
というのは、アイフルのエントリーでも書いたように、法律で違法とされていることを超ストレートにやってしまっているため、法的に論じる意味があまりないのです。
条文を参照すればすんでしまいます。
よって、携わる者に求められるのは、法律知識は当たり前として、胆力ということになるのでしょうか。

サラ金に苦しんでいる方自身も貸金業規正法をあまりご存じないのかもしれませんね。
暴力団を使ってはいけないなどともかいてあり、あいまい抽象的なものが多くなりがちな法律の中では実は相当具体的な法律です。
普通なら定義するのが困難なので「暴力団」なんてストレートに条文には書かないでしょう。

そういう世界であるのに、威圧等を用いることで明々白々の違法状態が続けられるとしたら、これほど法の支配を揺るがすことはないでしょう。
断固たる態度でエンフォースメントに乗り出さねばならない事態であるといってよいでしょう。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)