会計基準委員会 投資組合の連結基準を出資比率だけでなく貸付金も含める方向に


現行の会計基準だと、投資組合で連結対象になるのは出資で50%以上とされています。
このため出資を抑えてその代わりに貸付の形をとれば、容易に連結対象からはずせることになるため、ライブドアの件でも悪用されたとされています。
そこで会計基準委員会は、貸付なども考慮対象に入れて、調達資金の過半を供給している場合や分配利益の過半を受けとっている場合など、実質的に支配している場合を連結対象とする方向になりました。
記事はこちら

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)