大学・ベンチャーの新薬特許の流通市場が知的財産信託を活用して登場


信託業法の改正により信託財産の制限が緩められたわけですが、注目されているのは知的財産を信託する手法です。

実例として、大学・ベンチャーの特許を大手製薬会社が使用する流通市場を知的財産信託の仕組みを使って行うものができることになりました。

記事はこちら

大学・ベンチャーが新薬特許をネット登録して、大手製薬会社が買い手として参加、検索して使用する特許を見つけ出して、成約後に、信託形式をとり三菱UFJ信託銀に特許を移して、発明者自身は信託の受益者となる仕組みです。

特許自身は開発者の手を離れることになります。
これは、自ら製品化するだけの力がない、すなわち信用力が劣る会社との直接の契約関係にならなくてよいということですので、使用する側にとって有利なのではないかと思います。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)