米連邦控訴裁 保険の契約内容審理のため、サマリージャッジメントを部分的に破棄


MBIA Ins. Corp. v. Royal Indem. Co.(U.S. 3rd Circuit Court of Appeals, 03/30/06 – No. 03-4382, 04-2207, 04-3487)

米第3巡回区連邦控訴裁判所(2006年3月30日)

学生ローンの債務不履行に備えて貸し手が保険をかけており、不履行分の元本と利息の支払いを保険会社に求めた事件です。
訴訟を提起したところ、原審では貸し手勝訴のサマリージャッジメントが出たのですが、第3巡回区連邦控訴裁判所は、保険会社から貸し手の主張する金額すべてが保険契約でカバーされるかという公判に付すことのできる問題の提起があったため、サマリージャッジメントを部分的に破棄しました。
サマリージャッジメントが法律問題は含まれていないとしてそのまま判決を出すものであるのに対して、審理すべき法律問題が含まれているため部分的に破棄するということです。サマリージャッジメントの意味がわかるいい例だと思います。
ちなみにこの消費貸借契約は信託形式をとられており、貸し手は信託の受益者でもあります。アメリカではこういった一般的なビジネスの場面でも信託をよく使うことが伺われる事件です。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)