判例六法


会社の福利厚生で書籍代を補助してくれるのですが、ちょっとだけあまったのでちょうどいい値段のものをということで有斐閣の判例六法を久しぶりに買いました。

司法試験受験生の必須のアイテムですが、学生時代は変な六法であるということで、買いはしたものの少し恥ずかしく思っていました。

一から教科書的に勉強するのではなく、個別事象がまずあって当てはまる規範を見つけるというような法との接し方をしてみると判例六法もなかなか便利ですね。
判例の分類の仕方が絶妙で見ているとどういった論点があるのかが思い出されて、復習にも役立ちます。

CD-ROM版を見る限りでは、三省堂の模範六法では整理されておらず、一文が抜き出されているだけなので、なんだかよくわかりにくいです。
有斐閣のように親切にしてくれなくても、十分頭に入っている方を対象にしているということでしょうね。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)