グーグル、クリック詐欺訴訟で和解 90万ドル支払いへ


検索エンジン大手グーグルの収入は広告によっていますが、ネット広告の世界には見る気もないのに広告リンクをクリックするクリック詐欺と呼ばれる行為があり、クリック数で広告料が決まるため、広告主は不当に高く吊り上げられた広告料をし支払っているとして訴訟が相次いでいます。
そのうちの一件、アーカンソー州の小売業者Lane’s Gifts & Collectiblesから起こされたものでグーグルは和解、90万ドルを支払うことになりました。
記事はこちら
グーグルの収入の98%は広告収入によっており、クリック詐欺は同社の収益構造を脅かしています。
今回の和解によってこの手の訴訟が落ち着くのか、逆に増えるのかは定かではありませんが、クリック数で決める従来のネット広告は大変な脅威にさらされているといってよいでしょう。
このクリック詐欺は、人が意図してやるよりは、パソコンにプログラムを仕込んでやっている模様で、広告効果は全くありません。こういったクリック詐欺は、クリックによって課金されるネット広告市場の5~20%に及ぶとする見方もあり、成長一直線のグーグルにとっては頭の痛い問題のようです。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)