証券取引法改正 金融商品取引法案閣議決定


証券取引法改正とバラバラになっている個別金融商品の規正法をまとめた金融商品販売法案が閣議決定されました。

改正内容はかなり広汎にわたりますが、TOBルールや不公正取引など最近巷を騒がせた問題に対する対応の改正もありますが、一方で開示の強化や取引の場に関する規定も盛り込まれており、そうそうたる改正といってよいかと思います。

TOB関連の改正の概要
・3分の1ルールを市場外だけではなく、市場内にも適用する
・TOB期間を営業日ベースで数える方式に変更
・対象企業からTOB期間の延長を求める権利を認める
・対象会社にTOBに対する意見表明を義務付け
・買収者は対象会社からの質問に回答を義務付け
・防衛策が発動された場合、買付価格の引き下げを可能とする
・防衛策発動や重要財産が売却された場合、TOB撤回を認める
・TOBの結果。発行済み株式総数の3分の2を超える場合は応募した株式の全株買取を義務づけ

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)