個性の強すぎる人


2月からフレッツスクウェアで、ファーストガンダムの無料配信が始まったのでせっせとみているのですが、「こんな話だったっけ」と新鮮な衝撃を日々受けています。
地元のテレビで先行してΖガンダムをやっており、シャアがなんとなく詰めが甘くて人間くさいというか頼りないというかそんな感じを受けていたのですが、最初からして「大体こんなもん」だったという新しい認識にいたりました。

交わしているせりふは相変わらず会話になってないし、言葉の選択がなんだか変だし、富野作品は基本的に全部同じものが根底に流れていることがよくわかりました。

SEEDは時代に合わせたためああなった点が大きいと思いますが、ガンダムは時代背景もさることながら、作り手の強い個性の反映が大きいのだなと思いました。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)