最高裁、リボルビング方式貸付で貸金業法17条の書面について判断


最近、リボルビング払いの利息に関して、過払いであるとして返還を求める訴訟が相次いでいるのですが、裁判所のスタンスも「みなし弁済」の規定の適用に抑制的になってきており、みなし弁済を認める要件である貸金業法に規定された書面と受取証書の交付に関して厳格に判断するようになって来ています。
利息制限法、貸金業法、出資取締法の関係についてはこちらの記事をご覧ください。
上記リンク先の記事で取り上げた事件ですが、最高裁で風向きが変わりそうになり、訴えを認諾してしまったというケースもおきています。
そのため、リボルビング払いに関しての最高裁の法的判断の機会が待たれていたのですが、ついに平成17年12月15日の判決で判断を示しました。
一言で言うと上記のようなこれまでの流れを踏襲、貸金業法の要件を厳格解釈して、みなし弁済の適用を認めませんでした。
判決全文はこちら
問題となっていたのは次の点です。
みなし弁済の適用要件は、17条書面の交付と受取証書の交付ですが、この中で返済期間および回数の記載が求められています。
(書面の交付)
第17条
1 貸金業者は、貸付けに係る契約を締結したときは、遅滞なく、内閣府令で定めるところにより、次の各号に掲げる事項についてその契約の内容を明らかにする書面をその相手方に交付しなければならない。
一 貸金業者の商号、名称又は氏名及び住所
二 契約年月日
三 貸付けの金額
四 貸付けの利率
五 返済の方式
六 返済期間及び返済回数
七 賠償額の予定(違約金を含む。以下同じ。)に関する定めがあるときは、その内容
八 日賦貸金業者である場合にあつては、第十四条第五号に掲げる事項
九 前各号に掲げるもののほか、内閣府令で定める事項
2 貸金業者は、貸付けに係る契約について保証契約を締結しようとするときは、当該保証契約を締結するまでに、内閣府令で定めるところにより、次に掲げる事項を明らかにし、当該保証契約の内容を説明する書面を当該保証人となろうとする者に交付しなければならない。
一 貸金業者の商号、名称又は氏名及び住所
二 保証期間
三 保証金額
四 保証の範囲に関する事項で内閣府令で定めるもの
五 保証人が主たる債務者と連帯して債務を負担するときは、その旨
六 日賦貸金業者である場合にあつては、第十四条第五号に掲げる事項
七 前各号に掲げるもののほか、内閣府令で定める事項
3 貸金業者は、貸付けに係る契約について保証契約を締結したときは、遅滞なく、内閣府令で定めるところにより、当該保証契約の内容を明らかにする事項で前項各号に掲げる事項その他の内閣府令で定めるものを記載した書面を当該保証人に交付しなければならない。
4 貸金業者は、貸付けに係る契約について保証契約を締結したときは、遅滞なく、内閣府令で定めるところにより、第一項各号に掲げる事項について当該貸付けに係る契約の内容を明らかにする書面を当該保証人に交付しなければならない。貸金業者が、貸付けに係る契約で保証契約に係るものを締結したときにおいても、同様とする。

このほかに貸金業法施行規則より返済金額も記載しないといけません。
リボルビング払いでは、融資枠内で何度でも融資を受けられ、毎回の返済で少しずつ充当していくものであるため、記載がありませんでした。この点をついてみなし弁済の適用は否定されると主張したのに対して、貸し手側は返済回数と期間、返済金額がどうなるか確定的でないため、記載できないと主張しました。
最高裁はこの点について、確定的でないからといって記載義務を免れるものではないとして、書面作成時点での暫定的な返済回数と期間、返済金額を記載する義務があるとして、本件貸付は43条のみなし弁済の適用を受けられないとしました。
最高裁は付け加えて暫定的なものでも記載すれば、慢性的に借り入れるのを抑制することにもなると指摘しており、多重債務が社会問題化しているのを念頭においての判断であることがわかります。
これによって今後のリボルビング方式の貸付の書面が変わってくるなど実務面の変更が起きてくるでしょう。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)