サムスン、プラズマパネルの特許をめぐり、アメリカで松下を提訴


プラズマパネルの特許というと、富士通のサムスンのケース松下とLGのケースを以前取り上げましたが、日韓の特許係争が頻発する分野になっています。
今度は、サムスンが松下をアメリカで提訴する事態となりました。
記事はこちら
攻撃側防御側がたびたび入れ替わっての特許紛争はどうしてそうなるのか理解しがたい点もありますが、これは「プラズマパネル」という一件の特許があるわけではなく、プラズマパネルというひとつの製品も様々な小分けの特許の集合体になっているためです。このため、小分けにされた技術によっては、代替性があるかもしれませんし、実のところ、特許侵害があるのかどうかも争ってみなければわからない話です。
ひとまず主張できるだけの特許を有しているという点においては、韓国勢の特許が増えてきており技術的に追い上げてきているという事実はあるのでしょう。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)