東証、一転、黄金株を制限的に容認へ


[関連したBlog]
黄金株一律禁止の方針の発表以来、反対の政界・財界から反対の声ばかりが相次いでいましたが、東証はこれを受けて方針を一転、制限付きながら東証上場企業にも黄金株を容認する方向になりました。
記事はこちら
リンク先の記事によると、容認するのは、すでに上場している企業か新規上場かを問わず、株主総会の決議か取締役会決議で消却できる黄金株となる模様です。
すでに上場している会社にも認めるというのは、NYSEでは認められていないことなので、日本独自の大変重大な内容ということになります。
アメリカで認められるのは、ベンチャー企業が出資者の経営権を担保するために導入しており、その会社が上場をすると言うような場合だけです。
ヨーロッパでは禁止する動きの方が強い感じです。
そもそももとから黄金株を持っている会社も上場するなら廃止するべきという考え方もあるので、その点ではアメリカでも若干甘いといえるのです。
このように東証が規則を改定するとしたら、かなり問題があるような気がします。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

One thought on “東証、一転、黄金株を制限的に容認へ

  1. 東京証券取引所 黄金株を容認

    今日はずっと雪が降っています。
    こんな日は外出もままならないため、家で年賀状などを作成していました。
    さて、先日、黄金株について新しい記事が掲載されていました。
    http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20051217ib01.htm
    今までは、原則、東京証券取引所は黄…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)