特許庁、意匠法・特許法改正で模倣品保管に罰則


特許庁は、デザインの模倣や技術の盗用による模倣品取締りのため、模倣品を売却目的で「保管」することに罰則を設け、効果的な摘発を図ることになりました。
記事はこちら

現行では製造や販売が特許法違反・意匠法違反となり、それで十分のようにも思えますが、実際には販売の立証や製造場面の把握は難しいため、両者をつなぐ状況も処罰対象とすることで広範に取り締まり可能とすることになりました。
模倣品製造は海外が多いでしょうし、販売となると相手方の存在が必要となるので把握が若干ややこしくなるのは分かります。
よって「保管」も入れてしまおうというのは無理からぬ発想でしょう。

ただ、あくまでその後に販売が予想され、特許権侵害・意匠権侵害の発生が予想されるために処罰対象とするものなので、「売却目的の保管」となりました。
さすがに個人目的で倉庫に大量に保管するようなことはあまり考えられないので、この点はそれほど障害にはならないと思われます。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)