大日本住友製薬と住友化学、高血圧薬「アムロジン」のライセンス契約の地位継承をめぐりファイザーを提訴


アメリカの製薬会社ファイザーが、高血圧・狭心症の治療薬「アムロジン」のライセンス契約をめぐり、ライセンシーの住友製薬が大日本住友製薬となるにあたり、合併新会社の関係から住友製薬が消滅するため、住友化学に契約上の地位を譲渡して、合併新会社の大日本住友製薬に実施許諾を与えるという形を取ったところ、住友製薬の消滅によって契約は終了しているとして、アムロジンの資料等の返還を求める仮処分を求めています。これに対して、大日本住友製薬と住友化学は、ライセンス契約の地位確認とファイザーの差止め請求権の不存在確認の訴訟を東京地裁に提起しました。
記事はこちら

当初締結したライセンス契約の解釈が焦点になりそうなので、見ることができない立場では白黒はいえませんが、契約終了原因は色々と列挙しておくのが普通で、当事者の変更や第三者への再実施許諾には同意を要するなど決めておき、それに違反があったら解除というのはないことはありません。
技術流出を防ぐためのものなのですが、返せといわれてもコンタミが進んでいるでしょうから容易ではありません。かなり行動を縛ることになるので相手を牽制するにも使えます。

事実関係の全体も分からないので、確言はできませんが一般的なライセンス契約からはありえる話であるのは確かです。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)