今日の図書館事情


今日は徹夜明けですぐに帰宅しました。

その後図書館に行って、何かピンと来る本はないかと探したのですが、少し前のベストセラーが何冊も並んで今では誰も借りる人がないというようなのもやたらと見るだけで、しっくり来るものはありませんでした。

要望が多くくるから買わざるを得ないのでしょうが、本も消費文化の一部となってしまっていて消費されつくしてブームが去るのは早いですから、後で困りますね。

私が住んでいる市の図書館は広域連携なるものを始めまして、連携先にある本は買わないようになってきたみたいです。これも限りある予算の有効活用の策でしょう。
東大法学部から来た寄付のお願いにも図書購入費用が漸次削減されていっていることがグラフで示されて窮状を訴えていましたが、地方公共団体の図書館も同様でしょうから大変ですね。

東大法学部の図書室はすべての法律書籍や雑誌があるわけではありませんが、ここにないものは価値がないといっても良いくらい目利きでしたので信頼が置けたのですが、予算の都合で必要なものまで削られたから信頼が揺らぎますから大変です。
ああいうデータを示されると今度は寄付しようかと思います。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)