会社の文化を変える


この日の分を書くのも二度目なのですが、さすがに何を書いたか忘れてしまいました。
仕方ないので全く別のことを書こうと思います。

現在、ジャック・ウェルチの「ウイニング」を読んでいます。
アメリカの会社の実例について「知っているだろ、あれだよ」みたいな書き方がされている点が結構あり、ものによっては分からないものもあるのですが、それを差し引いても勉強になります。

GEのような大きな会社でカルチャーを変えられたのですから、それ以外の会社でもできないことはないはずです。
この思いは私にとっては大変な支えになっています。
会社の大きさは理由にならないと。

実学書の類は、読んでいると必ず身につまされてしまうのが社会人の悲しいところですね。

詳細な感想は読み終わったらまとめてみようと思います。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)