遅すぎた影響


<母殺害判決>アニメの影響と無職男性に懲役14年 山形地裁 (毎日新聞)

 母親を殺害した殺人罪に問われた山形県米沢市赤崩、無職、土田博行被告(23)に対し、山形地裁は23日、懲役14年(求刑・懲役15年)を言い渡した。木下徹信裁判長は事件がアニメの影響だったことを認め「内面に抑えられていた妄想が現実化した。理解困難な動機に酌量の余地はない」と述べた。

 判決によると、土田被告は高校生の時に見たテレビのSFアニメ番組「新世紀エヴァンゲリオン」に出てくる「(人類の)進化の最終結論は滅亡」という言葉に共感し「人間は地球環境を破壊し、不必要」と考えるようになった。昨年6月25日、会社を無断で早退し、自宅で母親(47)の頭を木製バットやスコップで数十回殴打し殺害した。

 「新世紀エヴァンゲリオン」は人類を守るため、人造人間・エヴァンゲリオンが、謎の敵「使徒」と戦うストーリーで、若者の間で人気を集め、映画化もされた。【山根真紀】

***
エヴァンゲリオンが放映されたのは95年から半年間ですが、被告人はそれを高校生の頃見たとのことで、どうやら本放送をみていたようです。その影響が昨年出たということのようですが、そんなことありえますかね。因果関係がどう考えてもおかしいでしょう。
「進化の最終結論が滅亡」と母親を殺すことにどう関係があるんですかね。いくらなんでも個人が進化する訳ではないので滅亡させてあげる必要ないと思いますけど。

全体的に被告人の心情告白は、かなりこじ付け気味ですけど、社会はそれをそのまま受け止めてしまっていいんですかね。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

2 thoughts on “遅すぎた影響

  1. どう考えてもおかしいです。「判決」というものは人間の考えひとつでくだされているんですかね。

  2. コメントありがとうございます。刑事裁判の判決は検察側と弁護側の主張のうちから裁判官が納得したものを採用するというかたちでできるものですので、胸算用一つで決まるというほど単純ではないのですが、それにしてもこれは変ですよね。関与した法曹三者が、あまり真剣でなかったのでしょうかね。被告人が動機としてもらした類のことを無前提に信じすぎですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)