アメリカ司法省、全米不動産協会を独禁法違反で提訴


不動産仲介の仕組みにはあまり詳しくないのですが、アメリカでは仲介業者が情報を持ち寄り一致したものを成約させるというやり方のようで、その情報のすりあわせはネットで行っている模様です。
しかし、これはオープンなものではないようで、特定のウェブサイトには情報を提供しないという方法も可能であることから、手数料の安い新興のネットブローカーを排除していたことから、独禁法違反の疑いで司法省が全米不動産協会を提訴しました。
記事はこちら
新興のネットを利用した業者を旧来からの業者が妨害するのはよくあることですが、住宅ブームで活況に沸くアメリカの不動産仲介でもそれが行われていたようで、メスが入りました。
ただ、いきなりの提訴というわけではなく、司法省と全米不動産協会との間でやり取りは続いていたようです。
特定業者を排除しない新しいルールの策定も行っていた模様で、物別れというわけではないようなのですが詳細はまだ調べていません。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)