私的録音録画補償金制度見直し、結論を先送りへ


著作権法30条2項により、著作物をデジタル複製する機器で使用する媒体には著作権者への補償金が上乗せされていて、著作権者に分配されたり著作権に関係する公共事業に使われています。これを指摘録音録画補償金制度といいます。

(参考)
(私的使用のための複製)
第30条
1 著作権の目的となつている著作物(以下この款において単に「著作物」という。)は、個人的に又は家庭内その他これに準ずる限られた範囲内において使用すること(以下「私的使用」という。)を目的とするときは、次に掲げる場合を除き、その使用する者が複製することができる。
一 公衆の使用に供することを目的として設置されている自動複製機器(複製の機能を有し、これに関する装置の全部又は主要な部分が自動化されている機器をいう。)を用いて複製する場合
二 技術的保護手段の回避(技術的保護手段に用いられている信号の除去又は改変(記録又は送信の方式の変換に伴う技術的な制約による除去又は改変を除く。)を行うことにより、当該技術的保護手段によつて防止される行為を可能とし、又は当該技術的保護手段によつて抑止される行為の結果に障害を生じないようにすることをいう。第百二十条の二第一号及び第二号において同じ。)により可能となり、又はその結果に障害が生じないようになつた複製を、その事実を知りながら行う場合
2 私的使用を目的として、デジタル方式の録音又は録画の機能を有する機器(放送の業務のための特別の性能その他の私的使用に通常供されない特別の性能を有するもの及び録音機能付きの電話機その他の本来の機能に附属する機能として録音又は録画の機能を有するものを除く。)であつて政令で定めるものにより、当該機器によるデジタル方式の録音又は録画の用に供される記録媒体であつて政令で定めるものに録音又は録画を行う者は、相当な額の補償金を著作権者に支払わなければならない。

本来、30条1項より私的な複製は合法ですが、デジタルコピーが可能となると著作権者が被害を被ることが予想されたため、一律に補償金を上乗せしてしまおうという制度です。

このため、音楽用CD-Rとデータ用CD-Rが分かれて販売されているわけです。中の媒体は一緒なのですが、パソコンで使用するCD-Rの場合、すべてが私的複製に使われるわけではないため、すべてのCD-Rに上乗せするとさすがに広きに失して財産権侵害になるからです。

この補償金をHDDやフラッシュメモリを使用した携帯音楽プレイヤーに対しても課すべきかどうかをめぐって、見直しが行われていたのですが、意見対立が激しく、結論を見送り、審議経過の報告にとどめることになりました。
記事はこちら

対立の原因となっているのは、従来の制度の延長として当然上乗せするべきとする意見がある一方で、そもそもかなり広きに失していて怪しい制度であるため、一律課金の制度の廃止自体を求める原理的な意見があるためです。

デジタルコピーに使うかどうか分からないのに課金しているため、そういった用途に使っていない人からも取ったままでは違法ですが、そこは抜け道があり、デジタルコピーに使っていないことを証明すれば返してもらえることになっています。
しかし、どうやって証明するのかも謎なのですが…。

アメリカでは、合法目的での使用が可能であるかと重要視する考え方が根強いので、こういう制度は違法になってしまいそうです。もっとも6月27日の連邦最高裁判決で微妙に変わりつつありようにも見えますが。

いずれにせよ、インターネットによるファイル交換の普及や媒体を必要としないプレイヤーの普及で補償金は減りつつあります。
こういった状況にどう対応していくかで見直しているわけですが、その方向性は酔うには定まりそうもありません。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)