よみがえる歴史


最近テロ警戒で物々しいですが、戦後長らく日本ではテロは起きていませんでした。
それを打ち破ったのが、松本サリン事件と地下鉄サリン事件で日本を震撼させましたが、戦前は日本にも色々怪しげな団体があり、テロが結構起きていました。
そういう意味では、テロの経験がないわけではないのですが、やはり時間が空いてしまうと風化してしまうものらしく、日本はすっかり無防備な国家になっているようです。

戦前のテロは、血盟団などが有名ですが、なぞの秘密結社によって行われたものでした。そのほか政党も院外団なる組織を持っていました。

戦後しばらくテロは起きなくなりますが、佐々淳行氏の著作にあるように警察と反社会的な団体との戦いは絶え間なく続いていたわけで、いつの時代にもそういう団体というのは存在しているといえましょう。

しかし、日本がこれまで直面してきたのはほとんど国内の結社によるものだけでした。
国際的なテロネットワークの暗躍がささやかれる今日は、日本の治安にとっては未経験の新たな局面でしょう。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)