マイクロソフト、退社後グーグル入社の研究者を雇用契約違反で提訴


様々な局面でぶつかり合っているソフトウェア世界最大手のマイクロソフトと検索大手グーグルですが、グーグルがマイクロソフトの研究者を採用してこれに応じて当該研究者マイクロソフトを退社という事態が発生、マイクロソフトは研究者を雇用契約中の守秘義務違反や競業避止義務違反で提訴しました。そそのかしでグーグルも提訴しています。
記事はこちら

日本では守秘義務や競業避止義務はあまり守られておらず、不正競争防止法を改正してまで徹底しようという動きの最中ですが、アメリカではもう少し進んでいて、競業避止義務をかせない州や退社後に入社する会社との話し合いで金銭の授受でもって競業避止義務を解除するなどの多様性があります。

もっともライバル会社間では伝統的な上記のような争いは耐えないわけで、すべてが先進的に解決されているわけではないのも事実で、それが分かる一例ですね。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)