会社法成立、現代語化に伴い大改正


様々な紆余曲折がありましたが会社法が成立しました。
商法第2編会社と有限会社法を併せて現代語化、同時に内容の刷新を図りました。
平成に入ってからもカタカナ語の商法改正を繰り返してきたことから考えると、大変感慨深いものがあります。
記事はこちら

会社法の内容については、これまでのエントリーをご参照ください。

しかし商法下で過度に強調しすぎだった観念を急に変える訳にも行かないので、当面の間は株主平等原則から定款自治へとゆっくりと舵を切っていくように思われます。
買収防衛策をめぐる議論が盛んですが、これは株主間の差別的取扱いをしないと達成できない面がありますので、いずれ変わっていくことのように思われます。

しかし、実務的にアドバイスを求められるなら、株主平等原則は必ず聞かされるテーゼであり続けるでしょう。

三角合併をめぐって報道では議論の混乱が見られるのですが、一年後に先送りされていますので、それまでに改めて理論的に考えてみたいと思います。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)