呼び起こされる記憶


日本脳炎の注射で重大な副作用が発生してしまい、後遺症が残った方がでてしまったようです。
そのため注射をしない方向に厚生労働省が動き始めたようですが、日本脳炎の注射というと私自身、ひどい目にあった記憶があります。

小学生の一年生のときだったと思うのですが、日本脳炎の注射をした後、体の具合が悪くなって七転八倒の苦しみを味わった記憶があります。
結局、一日気分が悪かっただけですんだのですが、その後予定されていた二度目がいやでいやでたまらなくなってしまいました。
結局二度目は受けないことになって、精神的に大変開放されたのを覚えています。

そのとき以来、注射が嫌いになっているのですが、やはり副作用があるという点の根本解決はいまだになされていないようですね。

病気から体を守るための注射をわざわざ痛い思いをしてまで受けて、副作用があるのではたまったものではありませんね。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)