発明の新登録制度誕生へ、非公開で届出日付を証明


5月4日の日経朝刊の一面トップだったのですが、このエントリーの執筆時点では参照できません。例によってなんだか怪しいのですが、取り上げます。

特許の制度の根幹は公開するかわりに独占を認めるというものなので、公開が大原則です。審査申立てをしていないで先願の順位だけ抑えたい特許になる前の発明でも公開されます。

これに対しては、貴重な情報が盗まれるという批判があり、この度、非公開を原則とする特許とは別の制度を立ち上げて、登録の日付を証明するものの発明の内容は非公開にすることになりました。

記事でも導入の意図がいまいちはっきりかかれていないのですが、特許庁のデータベースに中国韓国からのアクセスが多いという下りがあり、国際競争力の観点からの懸念もあるようです。

しかし、対外的にこの制度が効果を持つかというとはっきり言うと皆無といわざるを得ません。
特許は細部は異なるもののほぼ世界中にある制度ですが、一国が勝手に作り上げたものを他国が尊重するわけないので、国内的にしか意味がないでしょう。
特許制度も各国で異なるのに、非公開を原則とする制度を作ると受け入れられる状況ではなくなると思われます。

先願の順位だけとりあえず押さえておきたいという出願は結構あり、それが特許庁の負担になっているのでそれらをこの制度に移行させることで特許庁の人的資源の有効活用が主目的なのでしょう。それならば効果は期待できそうです。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)