在日米商工会議所、過度のM&A規制に懸念


在日米商工会議所(ACCJ)という組織がありまして、以前、産業再生法の改正に関して(三角合併が可能となった改正)、意見を述べたりしており日本のM&A法制に関して度々意見を表明していますが、昨今の外資によるM&Aを規制しようとする日本国内の動きに懸念を表明しました。記事はこちら

日本投資を検討している外資の悪い影響を与えるという懸念を表明しました。

これまでのACCJのスタンスからは当然の反応だと思います。

それにしても返す返す不思議なのは、ライブドアは日本人経営者の会社なのにその派手な立ち回りの結果、外資警戒論が出てくるとはいったいどうしたことなのでしょうか。
ライブドアがやったような不意打ちや意外性を狙ったM&Aはアメリカではもう下火なのですが…。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)