機会を設ける


今日もお休みでした。

今日は色々と昨今の商事法務の問題について考える機会を得ました。
やはり自分だけでやるよりも何かの機会があって他の人とやり取りすると非常に勉強になるしはかどりますね。

学者ともなると、自らの知的探究心の赴くままに自分でやることになるのでしょうが、やれるだけでもたいしたものだと改めて感心しました。

明日から新入社員が一部やってくるので新しいことが始まります。
あんまり身構えていないので気楽なのですが、私の場合、これはやばい結果につながりそうです。
散々色々やってあれこれ心配しているとこじれることもなく思いのほかうまくいくのですが、高をくくっているとたいていろくなことが起きないのです。
今からでも用心してかかろう。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)